初めての1台はこれで! Rayfoto Wi-Fiプロジェクター

モバイルプロジェクターデビューしませんか?

あなたは「ホームシアター」っていうとどんなイメージを持ってますか?
なんとなく、「高級そう」「お金持ちの家にしかないイメージ」っていうイメージを持っていませんか?
確かに、ひと昔前は自宅にホームシアターがあるというのは、まさにお金持ちのステータスの一つでした。でも、今は違います。ホームシアターは決してお金持ちの家だけのものではありません。


今は「モバイルプロジェクター」ということで、皆がイメージするような大きなプロジェクターではなく小さいプロジェクターがたくさん販売されています。小さいとは言いますが、映像を映す機能などは全然劣っていません。もはやホームシアターは一家に1台あってもおかしくない時代なんです。
また、最近ではNETFLIXやAmazonPrimeといった、いわゆる映画やドラマのサブスクに加入している人も非常に多い時代です。多くの方は自宅のテレビで見たり、スマホやパソコンで見ているという人も多いことでしょう。でも、そういうのをプロジェクターにつなぐと、あっという間に家が映画館に早変わり。普段見ている映画やドラマが大迫力で見ることができるようになるんです。
ね?こう聞くと、モバイルプロジェクターが少し欲しくなるでしょう?
そこで今回は、これからモバイルプロジェクターデビューするという人にぜひオススメしたい、Rayfoto Wi-Fiプロジェクターを紹介したいと思います。

なぜ、プロジェクターデビューにこれをオススメするのか

さて、まずはプロジェクターデビューするにあたってなぜこのRayfoto Wi-Fiプロジェクターを紹介したいのかを説明します。
それはなんといっても、「価格が非常に安いから」。
先ほど、「モバイルプロジェクターはもはやお金持ちだけのものではない!」と言いましたが、全部が全部安いものばかりかと言われると、やはりそうではないんです。
例えば、「すごく画質がキレイ」とか「すごく便利に使える」とか「音もめちゃくちゃ高音質で大迫力!」というものは、やはりそれなりにお値段が張り、1台が10万円前後するものもあります。この辺は「お金を持っている人」か、「もう何台もモバイルプロジェクターを買ったことがあってある程度モバイルプロジェクターに詳しく、良いものにこだわりたい」という人向けだったりします。それに、今からモバイルプロジェクターを買おうという人がモバイルプロジェクターの使用感などもよくわからないのに10万円とか怖くて出せないですよね
その点、Rayfoto Wi-Fiプロジェクターは価格が非常に安いです。楽天市場で出ている金額ですと、なんと1台18900円。先ほど「10万円前後する」といったことと比較すれば、価格は非常に安いということがよく分かると思います。
しかも、このRayfoto Wi-Fiプロジェクターは「安かろう悪かろう」ではないんです。安いんですが、性能も比較的良いんですよ。

Rayfoto Wi-Fiプロジェクターはとにかく明るい!

プロジェクターに一番重要なのは明るさです。映像が暗く不鮮明にしか映らないんなら、わざわざプロジェクターなんか買わなくてもハッキリ映るテレビを買いますよね。
ですが、Rayfoto Wi-Fiプロジェクターは違います。最大で9500ルーメンの明るさを誇ります。
…と言われても、イマイチ、ピンと来ないですよね?
そこで、大手のプロジェクター製造メーカーが出している具体例をここで紹介しますと、

まず、EPSONは4200ルーメン以上で「外光が差し込む場所や大きい会場でも、映像をくっきり明るく、大画面で映し出せる明るさです」としています

※参照:EPSON公式サイト


また、CANONは6000ルーメン以上、RICOHは7000ルーメン以上あればそれぞれホールや講堂で使用することができると記載しています。

※参照:
CANON公式サイトRICOH公式サイト


つまり、9500ルーメンの明るさを誇るというのは、大手のプロジェクター製造メーカーから見ても講堂やホールのような広い場所でも映せるような、とても明るいものと言えるんです。

Wi-Fi機能付きで、パソコンやスマホからサクサク映像を送れる

Rayfoto Wi-Fiプロジェクターは外部機器と接続して映像をプロジェクターに送信し、スクリーンに映すことになるんですが、接続方法も多種多様。
USB端子やHDMI端子で有線接続にしても良いですが、Wi-Fi機能を使って無線で映像を接続することも可能ですし、Bluetoothを接続することも可能なんです。
HDMI端子やBluetoothがつなげられるということは、プレイステーションなどの据え置き型ゲームも繋げますし、音楽プレイヤーなんかも繋げますね。
しかも、すごく処理能力が高いので、送っている映像がカクカクするなんていうこともないですよ。

いかがでしたか?
このRayfoto Wi-Fiプロジェクターはプロジェクターデビューに最適の機種だと思います。


あなたもぜひ、Rayfoto Wi-Fiプロジェクターで夢のホームシアターを実現しませんか?